血中脂肪を標準値まで減らす

TV番組などでもメタボ検診がセンセーショナルに取り上げられす昨今、健康診断の結果、血中脂肪の値に注意するように言われ、中性脂肪やコレステロールを気にしている方も少なくありません。血中脂肪の標準値や、標準値にまで減らすための食事対策・ダイエットなどをおさえて、生活習慣秒を防ぎましょう。

血中脂肪とは?糖尿病や心筋梗塞、脂肪肝などにつながります。

毎年の健康診断、あるいはメタボ検診の結果、血中脂肪の値が高いと言われて、今後の健康に不安を抱えているかたも多いでしょう。TVの健康番組でも、メタボ検診のスタートから、よくこういった話題が見られるようになりました。この血中脂肪とは、その名のとおり血液中の脂肪です。もう少し具体的に言うと、血液の中に溶けて流れ出ている中性脂肪やコレステロールのことです。これらは使用されないと、いずれ皮下脂肪や内臓脂肪にもなっていきます。この、血中脂肪が多い状態は、言うなれば血液も太っている状態で、かくれ肥満のひとつであると言えますす。血液が太った状態は、中高年にとどまらず、若い年代にも増えて来ているそうです。そのままにしておくと糖尿病や心筋梗塞、脂肪肝等、生活習慣病を引き起こすことになるでしょう。

血中脂肪の中の「コレステロール」についてと、その標準値。

よく「コレステロール」と聞くと、すぐに「体によくないもの」「少ないほうが良い」と、連想するかもしれませんが、このコレステロールは、体内で代謝の違う、「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」2つの種類があります。そして善玉コレステロールを「HDLコレステロール」、悪玉コレステロールを「LDLコレステロール」と呼びます。
血中脂肪の中でも、このコレステロールの量が過剰となり、血液中でだぶついた状態が続くと、悪玉であるLDLコレステロールが動脈内にたまっていき、その状態が改善されずに続くと、ついには動脈硬化となり、心筋梗塞や脳卒中を引き起こす危険性があります。一方、善玉であるHDLコレステロールの方は、先の血液中にだぶついているコレステロールを回収したものです。これは肝臓に運ばれ、動脈硬化になるのを防ぎます。悪玉のLDLコレステロールは少ないほうが良くて、善玉のHDLコレステロールは多いほうが良いのです。

悪玉)LDLコレステロールの標準値: 60~119mg/dl(性別にかかわらず)
善玉)HDLコレステロールの標準値: 男性は40mg/dl以上 女性は50mg/dl以上

血中脂肪の中の「中性脂肪」についてと、その標準値。

今度は血中脂肪の中の中性脂肪についてです。この中性脂肪はトリグリセライド(TG)とも呼ばれています。中性脂肪(トリグリセライド)は、グリセロールと呼ばれるアルコールに、脂肪酸とエステルが結びついた構造をしています。中性脂肪のほとんどがトリグリセライドですので、健康診断やメタボ検診で中性脂肪の値を見るときは、中性脂肪の項目が見当たらなかったら、TG(トリグリセライド)の項目を探してみてください。このTG(トリグリセライド)が増えると、糖尿病や高血圧、高脂血症、脂肪肝など、非常にシリアスな病気にかかる可能性が高くなり、メタボ検診では、メタボリックシンドロームと判断される可能性が強まります。

中性脂肪の標準値: 30~150mg/dl

血中脂肪を減らすには?食事などの対策について

健康診断やメタボ検診で、血中脂肪の値がが高いと指摘されて、心配する人は少なくありません。そのままにしておけば、糖尿病や動脈硬化など、重度の障害や、命にかかわる病気を発症する危険があります。これを解消する為には、やはり運動と食事について見直す必要があります。詳細な対策については、TV番組や書籍などでもよくみつかりますが、ここでは血中脂肪の中性脂肪、悪玉コレステロールを減らしていくための、食生活のポイントをわかりやすく簡単に説明します。

血中脂肪を増やしやすい食事を控える

乳製品の中でもバタ-や生クリ-ム、肉類の中でも脂質が多い牛肉や豚肉、お菓子類や糖分たっぷりの甘いジュ-ス、アルコ-ル飲料などは、できるだけ控えるようにしましょう。アルコールを摂取する場合も、糖質・脂質が少ないことをウリにしている商品がありますので、できるだけそちらを選びます。日本酒なら1合くらい、ビ-ルなら大瓶1本まで、ウイスキ-はグラス1杯までと決めて飲んでください。また、週に1日または2日はお酒を飲まない日を設定しましょう。

食事の内容を見直す

大変基本的なことですが、まずは食べ過ぎないようにし、標準体重におさまるように節制して下さい。

標準体重の算出式: 身長×身長×22=標準体重(身長はメ-トルで計算する) 
例: 身長170センチメ-トルの場合は1.7×1.7×22=63.58kg

また、油脂類は動物性の脂を控え、できればコレステロール対策されたことをうたった植物油や、魚油を使用するようにし、食物繊維を十分に摂るよう心がけてください。食物繊維がたくさん含まれている食べ物として、海藻、きのこ、野菜などがあります。これらは糖質や脂質の吸収を抑える働きをします。食事の前に野菜ジューズを1杯飲み、それから食事にはいるのも効果的です。

ダイエットの王道「運動」も合わせると良いでしょう

そしてできれば、運動をおこなうと、血中脂肪を減らすのにさらに効果的でしょう。いきなりジョギングや水泳にとりくむ必要はありません、まずはウォーキングから始めてみませんか?

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-