内臓脂肪の落とし方

メタボ検診が始まって、メタボリックシンドロームが気になる男性の方も、美容体重を目指す若い女性の方も、効果的なダイエットによる内臓脂肪の落とし方には興味があるところでしょう。ここではそんな内臓脂肪の落とし方について、基本となる食事の摂り方や、ウォーキングなどの運動のすすめ、より脂肪を燃焼させる為のサプリメントの話などを掲載しています。

内臓脂肪の落とし方を知り、ダイエットをしよう。

内臓脂肪の溜まったお腹メタボリックシンドロームがとりざたされ、メタボ検診ですでにメタボであることを告げられた方も、その予備軍の方も、あるいは美容でダイエットに挑む方も、内臓脂肪の落とし方には興味があるものと思います。内臓脂肪が増加すると、見た目にお腹がでぱって格好悪いなどということではなく、その内面では様々なリスクを抱えることになります。内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化の原因である肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症、心臓病などなど、死に直結するような重大な症状を引き起こしますので、可能な限り早くダイエットして危険要因を取り去るべきです。

ダイエットするにしても、内臓脂肪の落とし方とは、どうするのが効率良く健康的なのか気になるところでしょう。そこで、このペーじでは内臓脂肪の落とし方について解説をしていきます。これは一般的なダイエットにも通じる話ですので、美容目的の若い女性でも同じような効果がきたいできるでしょう。

内臓脂肪の落とし方はまず食事から。

内臓脂肪の落とし方としては、まず食事のとり方が大事になってきます。カロリー制限をしてダイエットをするということ以前に、まずは食事する速度に注意して下さい、基本は「ゆっくりと良く噛んで食べる」です、これには内臓脂肪の落とし方にとってふたつの意味があります。
まずひとつは良く知られている満腹感の問題です。 食べ始めてから脳が満腹感を感じるようになるまでは、およそ20~30分程度かかると言われています。ですから、早食いでいっきに食べてしまうと、満腹感を感じるまでにタイムラグがありますから、必要以上に食べることになり、内臓脂肪を溜め込む原因となってしまいます。

内臓脂肪の落とし方の基本そしてもうひとつの意味は、インスリン(インシュリン)と血糖値の問題です。血糖値をコントロールするインスリンの分泌量は、内臓脂肪の落とし方に深く関わってきます。私たちが食事をすると血糖値が上昇します、するとインスリンが分泌されて、体中の細胞にエネルギー減として糖送り込もうとします。ここまで問題ないのですが、細胞に糖を送り出してもまだ糖が残っていた時に、インスリンはそれを「脂肪細胞」へ送り込み、それが脂肪となって内蔵脂肪へとつながっていきます。ですから、内臓脂肪の落とし方に適した食事方法では、血糖値を出来るだけ上げないようにして、脂肪を作る原因となるインスリンの分泌を抑制する事が大事になってきます。
ここで問題になってくるのが「早食い」です。早食いは血糖値の急上昇を招き、結果、インスリンの分泌量を増やすことにつながり、それが脂肪の増加へと結びついてゆくことになります。

このように、「ゆっくりと良く噛んで食べる」事は、満腹感と血糖値の急上昇を防ぐという二つの意味から、内臓脂肪の落とし方として重要になってきます。基本中の基本ですが、これが出来ていないが為に太ってしまった方が大変多いようです。

効率の良い内臓脂肪の落とし方には、運動も欠かせません。

ダイエットには運動が最適大変多くの方が内臓脂肪の落とし方に興味を持ち、効果の高いダイエット方法はないかと探していますから、世の中にはとても多くのダイエット方法が溢れてしまっています。リバウンドもなく健康的に内臓脂肪を減らすには、怪しげなダイエット方法やサプリメントにばかり頼らず、ダイエットの王道である運動は欠かせません。ダイエットサプリメントの全てが効果無いというわけではありませんが、飲んでいるだけでみるみるうちに脂肪が燃焼されて痩せていくサプリメントなどはありません。もし、そのようなサプリメントが存在したら、それは「毒」です。

ただ、L-カルニチンなどのように、これを飲んで有酸素運動をすると脂肪燃焼を促進するようなサプリメントは、運動の補助として飲んでおくと良いでしょう。サプリはあくまでも運動の補助としてとらえ、あまり多くを期待しないで下さい。

運動によるダイエットで脂肪燃焼、ウォーキングからはじめストレッチも行う。

まずはウォーキングから運動を始めよう内臓脂肪の落とし方で大事なのは、食事と運動で脂肪を燃焼させることです。しかし運動といっても、いきなり激しい運動でダイエットしようとしてはいけません。普段運動の習慣が無い人、しかも内臓脂肪が気になるようなメタボリックシンドロームとその予備軍の人がいきなりジョギングなどはしない方が良いです。「ダイエットをするぞ!」と意気込んで、いきなり走り出しては膝や足首を故障する可能性があります。
内臓脂肪の落とし方としては、もちろん運動強度の高いことに取り組んだ方が、内臓脂肪は早く燃焼できますが、怪我をしてしまっては意味がありません。ダイエットの為の運動は、ウォーキングからスタートするのが一番安全です。ウォーキングシューズはそれほど高価なものを用意する必要はありませんので、安めのジョギングシューズなどを履き、1日に5キロ・1万歩・1時間など、まずは自分にあった目標ではじめてください。ウォーキングである程度体重が落ちてきたら、そこから徐々にジョギングに切り替えていくと良いでしょう。

なお、ウォーキングやジョギングの消費カロリーは、「体重 x 距離」で簡単に計算することが可能です。

例:体重70キロの人が5キロジウォーキングした、あるいはジョギングした場合→ 70(kg) x 5(km) = 350キロカロリー

ジョギングもウォーキングも消費カロリーはほぼ変わりません。しかし、ジョギングであればウォーキングの2倍くらいの速度になるでしょうから、同じ時間運動したらなら、ジョギングならばウォーキングの倍の消費カロリーが期待でき、内臓脂肪もたくさん燃焼できるというわけです。

また、ウォーキングするにしても、前後のストレッチは必ず行ってください。これはウォーミングアップとクールダウンの意味があり、怪我を防ぐ事にもつながります。また、運動の後にストレッチを行うと疲れも早く抜けますので、面倒だと思っても必ずストレッチを行いましょう。

 

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-