カルニチンクイーンの口コミ

脂肪燃焼を促進させる「L-カルニチン」を手軽に摂取する方法として、新日本製薬のカルニチンクイーンが口コミでも評判となっています。ここではクチコミ評判の紹介をはじめ、そんなカルニチンクイーンがダイエット効果を発揮する仕組み、より大きな効果を上げるために同時摂取をおすすめするサプリメントなどの情報を提供しています。

口コミでも話題、新日本製薬のカルニチンクイーンで脂肪燃焼ダイエット。

新日本製薬のカルニチンクイーン新日本製薬のカルニチンクイーンといえば、L-カルニチンのサプリンメントを代表する人気商品ですね。その効果は口コミでも話題ですし、テレビショッピングでもよく紹介されていますので、名前だけは知っているという方も多いでしょう。新日本製薬のカルニチンクイーンの主成分といえば、当然ながら「L-カルニチン」ですが、そもそもこのL-カルニチンという成分はどんな働きをするもので、どれぐらいダイエット効果があるものなんでしょうか。
最近ではダイエット以外にも、不妊治療にも効果があると言われているL-カルニチンは、簡単に言えば脂肪燃焼系の成分で、特に30代以上の方にダイエット効果が高いと予想されます。口コミでもカルニチンクイーンの評判が良いのは、比較的年齢の高い方が多いようです。
若い頃とライフスタイルはほとんど変わらず、昔と同じように食べて、昔と同じように動いているはずなのに、いつのまにやらお気に入りのジーンズが入らなくなった、スーカートが履けなくなったなど、全く身に覚えがないのに、どうやら太ってしまったという経験はありませんか?これは、若い頃に比べて代謝が落ち、脂肪が燃えにくくなっているために起こります。
この代謝が落ちる理由には様々なものがあるのですが、L-カルニチンの減少も大きな要因のひとつです。後述しますが、L-カルニチンは脂肪燃焼にふかくかかわっている成分で、20代までは体内で必要十分な量が生成されているのですが、30代からは減り始め、40代ではL-カルニチンの生成量は半分にまで落ち込むと言われています。そこで、より脂肪を燃やすためには、新日本製薬のカルニチンクイーンをはじめとする、L-カルニチンのサプリメントが有効であると言われているのです。

カルニチンクイーンの主成分、L-カルニチンのダイエット効果とは?

脂肪燃焼にL-カルニチンが重要な役割を果たし、その生成量は年齢と共に減っていき、それが中年太りの原因の一つとなることは、前項にて説明したとおりです。ではこのL-カルニチンの役割をもう少し詳しく見ていきましょう。
脂肪は体内で脂肪酸という物質に変化した後、細胞内に存在するエネルギー生産工場のミトコンドリアで燃焼され、体を動かすためのエネルギーとなります。ところがこの脂肪酸は、早く燃やしてしまわないと、再び体脂肪に戻ってしまうのです。ですから、脂肪酸は出来るだけ早く燃やしたいところなのですが、ミトコンドリアへ脂肪酸を運ぶためには、L-カルニチンによってミトコンドリア内へ引き入れてもらう必要があります。このミトコンドリア内に脂肪酸を運ぶ運び屋の役割をはたしているのが、新日本製薬カルニチンクイーンの主成分である「L-カルニチン」なのです。
ですから、L-カルニチンが不足していまうと脂肪を燃やす事ができなくなるわけで、それが年齢と共に減少していくとなれば、中年太りするのも当たり前の事だと言えます。
ですので、新日本製薬カルニチンクイーンのようなL-カルニチンサプリメントの摂取は、中年以降の方のダイエットには効果を発揮しやすいと言えるのです。

新日本製薬のカルニチンクイーンには、その他のダイエット成分も配合済み。

新日本製薬のカルニチンクイーンは、1日6粒飲むこととされています。日本人のL-カルニチンの理想的摂取量は、300~500mgとされていますが、カルニチンクイーンは6粒で500mgの摂取が可能です。ちなみにL-カルニチンは肉類によく含まれており、そうした自然の食材から摂取することも可能なのですが、ラム肉であれば500g、牛肉の赤味であればさらにその3倍を食べなければ、L-カルニチンを500mg摂取することはできませんので、あまり現実的ではありません。ここはやはり、新日本製薬のカルニチンクイーンをはじめ、DHCや大塚製薬のネイチャーメイドなど、L-カルニチンのサプリメントはたくさん発売されていますので、それらから摂取するのが簡単でしょう。
なお、このページで主に紹介している新日本製薬カルニチンクイーンには、カプサイシン、ビタミンB群、ガルシニア、カフェイン、茶カテキンなどなど、ダイエットに良いとされているおなじみの成分も含まれており、よりダイエット効果があがるように工夫されています。また、カルニチンクイーンには含まれていませんが、糖質や脂質をミトコンドリアに運ぶ働きをもつαリポ酸(アルファリポ酸)、糖の燃焼を促進させるCoQ10(コエンザイムQ10)なども、L-カルニチンと同時に摂取すれば、よりダイエット効果があがると言われ、クチコミでも同様の情報を良くみかけます。

L-カルニチンによるダイエットは、有酸素運動も合わせて行うのが効果的です。

ウォーキングなどの有酸素運動も行う新日本製薬のカルニチンクイーン他、L-カルニチンサプリンメントの口コミを読んでいると、運動もしていないのに「痩せなかった」とか、10代や20代なのに「効果が無かった」などという口コミも見受けられます。しかしこれは当たり前のことで、今までこのページを読んでこられた方ならお分かりのように、L-カルニチンが不足しだすのは20代を超えてからですから、若い方がのんでも思ったほどのダイエット効果が得られないことも多いでしょう。
また、新日本製薬のカルニチンクイーンは、飲むだけで痩せるというような、都合の良いダイエットサプリメントではありません。脂肪をミトコンドリアで燃やすには、脂肪をそこまで運ぶきっかけが必要です。毎日ゴロゴロしているだけでは、そもそも脂肪を燃やす必要がないので、いくらカルニチンクイーンをがぶ飲みしたところで、基礎代謝分以上の脂肪は燃えませんから、効果が現れなくても当然です。
新日本製薬のカルニチンクイーンのテレビCMでも、あくまでも運動と組み合わせて使うことをアピールしています。ウォーキング、ジョギング、その他エクササイズなどを合わせることで、L-カルニチンのダイエット効果は発揮されるでしょう。

新日本製薬のカルニチンクイーンの、口コミダイエット効果。

新日本製薬のカルニチンクイーンはかなりの売れ行きですので、その口コミを様々なものが見つかります。その中でも特に目立ったものをいくつかご紹介します。

  • ■カルニチンクイーンを飲みはじめ、1週間もしない内に、ちょっと動いただけで汗をかくようになりました。(30代・女性)
  • ■私は飲み初めて1ヶ月で、ベルトの穴ひとつ痩せましたが、妻は変化無しだったようです。
      やはり運動しないと効果は薄いのかな。(50代・男性)
  • ■営業で外を歩き回る仕事をしており、出かける前に飲んでいますが、汗のかき方が全然違いますね。(40代・男性)
  • ■カルニチンクイーンを飲用しウォーキングにはげみました。効果は確実にあったようで、
      2か月で5キロのダイエットに成功しました。(30代・女性)
  • ■カルニチンクイーンのみでは痩せることは不可能だと思います。
      しかし、服用してから運動すると驚きの発汗が得られるのも事実!(40代・女性)
  • ■遠くに買物へ行く時、ウォーキングがてらにすごく歩くのですが、
      その前に飲んでおくとスゴイ汗が出ます。(30代・女性)

他にもカルニチンクイーンに関してはたくさんの口コミがありますが、信じられないくらい「汗が出る」というのは、多くの口コミ意見で確認できました。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-