朝顔の育て方~ガーデニング情報

朝顔の育て方を掲載しています。栽培期間が3ヶ月と短く、栽培しやすい朝顔は、ガーデニングにも人気で、お子さんにも育てられる人気の花です。朝顔の育て方・栽培方法として、種まきや水やり、肥料についてなどを掲載しています。

朝顔の育て方、栽培について

朝顔は大変栽培しやすい植物のひとつです。小学校の時に学校で、夏休みの自宅の庭で朝顔の種まきをし、育てた記憶のある方も多いでしょう。朝顔の育て方といっても、朝顔の花を普通に咲かせるだけでしたら、それほど工夫しなくても問題なく咲かせることができると思います。しかしここでは、できるならより大きい、「大輪の朝顔」を咲かせることにこだわってみませんか?よりおおきな朝顔を咲かせるためいは、それなりの注意点がでてきますので、それを見ていきましょう。大輪に咲かせるには
当然、大きな朝顔の為には、朝顔が良く育つような環境を、育てる人が用意していかなければなりません。その実現の為には、植物を育てるための基本を抑えておく必要がありますし、朝顔栽培の間、その基本にそってどれだけ正しい育て方を実行で効できたかで、その開花期に影響がでてくるでしょう。あらたまって書いてみると何やら難しく思えるかもしれませんが、余程の間違いをしない限り、花自体が咲かないと言う事はないでしょうから、できるだけ大輪の朝顔を咲かせるように、とりあえずがんばってみてはいかがでしょうか?

朝顔の育て方・栽培のポイント

ガーデニングの花として、子供にも育てられる花として、人気の朝顔。その朝顔の育て方・栽培のポイントについて、具体的にいくつかあげていきたいと思います。

朝顔栽培の場所 

朝顔を育て方で、一番大事なのが「日当たり」です。おそらく多くの方はご存知だと思いますが、朝顔はとても陽当たりの良い場所を好みます。朝顔の種をまく際は、出来るだけ長い時間、日光が当たるような日当たりの良いな諸を選びましょう。これは害虫や病気などを防ぐことにもかかってきますので、ここは特に妥協しないで、最高の場所を探してあげてください。できれば1日に6時間から7時間以上、日が当たるような場所に植えてあげると良いでしょう。

朝顔の育て方、まず土について。

場所に続き、朝顔の育て方として大事な土についてです。朝顔は大体3ヶ月程度の栽培期間です。この期間の短さも育てやすい花である理由のひとつです。朝顔は短い栽培期間であるだけに、発芽と共に、その根を急速に伸ばしどんどん育っていきます。朝顔の根の成長は、朝顔が育っていくうえでとても大事な要素です。この根が良いものでなければ、当然十分な栄養が吸収できず、大輪の朝顔を咲かすことはできないでしょう。その根の良し悪しを決定付けるのは土です。朝顔の栽培に適した土は、まず水はけが良く、肥持ちも良い土が適しています。ただ、水はけが良ければ良いほどいいだろうと、砂のようなサラサラの土を用いると、夏の日差しを受けたときに、土が乾燥してしまい、せっかくの朝顔が枯れてしまう事もありますから、栽培する方の環境に応じて、用土を配合していく必要があるかもしれません。

朝顔の種選び・種まき・植え方

場所を選び土が決まれば、朝顔の種まきです。やはり一生懸命育てても、肝心の種の質が悪ければ大輪の朝顔は咲きません。朝顔会に入会して、種を入手できれば良いのですが、それが無理なら、市販の大輪朝顔の種を要すると良いでしょう。
朝顔の種のまき方・植え方としては、1.5cmくらいの深さの穴を開け、種の丸い方を上にして種をまきます。土は固くせずにふわっとかぶせてください。

朝顔に与える肥料

朝顔の育て方としての「肥料」を見ていきます。肥料は有機肥料と無機肥料のふたつに大別できますが、朝顔に対しては、どちらの肥料であっても、必要以上に与えないことが大事です。良かれと思い、朝顔に大量の肥料を与えてしまうと、「肥料当たり」を起こすことがあり、なんと肥料のせいでかれてしまうことがあります。朝顔の育ちが遅いなあと感じても、そこで肥料を与えすぎるのは危険です、あせらずじっくり育ててください。
有機肥料を朝顔に与える場合は、発酵済みのものを使用して下さい。未発酵の有機肥料を使用すると、良かれと思って与える肥料が、逆効果となり、成長を阻害してしまうかもしれません。必ず発酵済みのものを使用して下さい。発酵とか面倒だなあと思うのであれば、有機にこだわらずに、無機肥料を使用してください。無機肥料とは化成肥料のことですが、有機肥料の様な臭いが気になることも無く、含まれる成分もきっち記載されていますので、与える肥料の量もつかみやすいかと思います。

朝顔の育て方、水やりについて

水やりも、朝顔の育て方で大事なことですね。水やりは1日1回、午前中にじょうろなどを使って、水が鉢の底から流れるくらいたっぷりと与えます。芽が出るまでは、絶対に水やりを忘れないようにしてください。 本葉が出てからの水やりは、一度にたっぷりと与えて、夕方には表土が乾いているか、葉が少ししおれているくらいの水の量で良いでしょう。つぼみがでてからは、水やりの回数を増やしてください。開花期には1日数回行っても良いでしょう。

朝顔の花言葉

朝顔の花言葉は、「愛情のきずな」「はかない恋」「私はあなたに結びつく」「愛着」「固い約束」「仮装」「気取り」「平静」などです。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-