ジョギングダイエットの効果

ジョギングによるダイエットなら手軽に始められて効果も絶大です。実際やってみると走るのが楽しくなってきますよ!ここでは、初心者の方に理解しやすいように、ジョギングシューズやウェア、フォームなどの注意点に、距離による消費カロリーの計算方法などの情報を提供しています。

ジョギングダイエットは王道であり、効果も高い。

ダイエットを考えたとき、あなたはまず何を選びますか?最近人気のダイエットは、ヨガや、ピラティス、耳つぼ、岩盤浴など色々ありますが、昔から人気があり効果も高く、ダイエットの王道ともいえるのが、ジョギングによるダイエットです。普段何気なく通っている道や公園を思い浮かべてください、ジョギングしている人がいませんか?次に洒落たランニングウェアに身を包み、颯爽とジョギングしている姿を思い浮かべてください、憧れませんか?走り始める前は、ジョギングなんて「面倒」だ、走るのが苦手な自分には「苦行」でしかない、近所の人に見られるのが「恥ずかしい」など、色々とマイナスなイメージを持ってるかもしれませんが、実際に走り始めてみると、走ること自体が楽しくなって、目標体重になった後も、ジョギングを趣味として続けている方がたくさんいる、実は楽しいダイエットです。全国各地で市民マラソンのレースが数百も開催されていますが、その出場者の多くは、実は元ダイエットランナーなのです。

有酸素運動であるジョギングはダイエット効果大

ジョギングダイエットというのは消費カロリーが多い運動で、「有酸素運動をする事によって痩せる」効果を狙います。有酸素運動を続けると、血液中にある脂肪が体脂肪となる前に酸素と結合し、脂肪燃焼されることにより痩せていきます。また、ジョギングの利点は体重を減らすことだけではなく、心肺機能が強化され、さらに、筋肉に刺激を与えることで体が引き締しまります。こういった効果から、健康の為や、アンチエイジングとしてジョギングを選択している方もたくさんいます。

カロリー消費には、ゆっくりのジョギングで大丈夫です。

ジョギングはダイエットに大変効果的で健康にも良いということで、以前チャレンジしたけど挫折したという方もいるでしょう。なぜ挫折してしまうかというと、その多くは、「速く走ろうとするから」にあります。有酸素運動によってカロリーを消費、脂肪を燃焼させる為には、別に無理して速く走る必要はありません。よく「心拍数が120~130程度になる速度で」などとも言われますが、あまり深く考えなくとも、誰かと一緒に走ったとしたら、「普通に会話しながら走れる」程度の速度で大丈夫です。「私は長距離が苦手だったから、ジョギンなんてできるかな・・・」という方は、学生時代の無理やり走らされた長距離走をイメージしていませんか?ジョギングによるダイエットは自分のペースで走れば結構です。最初は早歩きぐらいの速度からはじめても問題ありません、「はぁはぁ」言いながら走る必要はないのです。

どれぐらい走れば脂肪は燃えるか、消費カロリーが増えるか。

実際、どれくらいの距離や時間を走ればよいのかというと、よく「20分以上」というキーワードが出てきます。20分以上運動しないと脂肪が燃えないという事からきています。確かに脂肪が燃焼するまで、筋肉のグリコーゲンがエネルギーとして使われますが、消費されたグリコーゲンは、結局、後から自分の体の中において補給されるわけですから、実際はそれほどここにこだわらなくても大丈夫です。確かにできるだけ長く走ったほうが効果的で消費カロリーも増えますが、ほとんど運動経験のない方が、いきなり10キロや1時間走るのは難しいでしょう。また、無理して距離を伸ばすと、膝や足首を怪我する危険性があります。長い距離をはしれる筋力がつくまでは、決して無理はしないようにしましょう。

ジョギングの正しいフォームと、初心者がおさえるポイント。

正しいフォームについては個人差がありますが、ポイントとしては、「足は踵(かかと)から着地」し、「腰高を意識して、短距離走のような前傾姿勢」」で、「腕を引くこと」を意識して走ります。とは言っても、初心者のうちはなかなかイメージがつかみにくいかもしれません。
とりあえず、バタバタと足音を立てるような走り方はしないでください。また、走り始めのころは、腹筋や背筋が弱い為に腰が落ちてきます。腰高が維持できなくなったら、無理せずやめるかウォーキングに切り替えてください。これだけでも怪我の可能性がグっと減ると思います。とにかく「無理は禁物!」です。

ジョギングの消費カロリーは距離が大事

ジョギングの消費カロリーについては、きっちりとした計算法もありますが、人間の体は機械のように正確ではありませんから、ざっくりとした計算式で十分です。

「体重×距離=消費カロリー」

つまり、体重が60キロの人が5キロ走ったら、60×5で300kcalの消費となります。ポイントは「距離」です、速さではありません。ですから、同じ距離であれば、カロリー消費という意味だけであれば、ジョギングとウォーキングにはあまり違いはありません。もちろん、心肺機能や筋肉が引き締まるといった健康面の効果では、ジョギングの方に軍配があがりますし、同じ5キロであっても、ジョギングの方が時間がかからずに終わるという利点があります。

怪我を防ぐ為に、ジョギングシューズは良いものを!

ジョギングによるダイエットを効果的に行う為に、その他の注意点をあげておきます。

1.ジョギングシューズは絶対にケチらない。
2.ジョギングウェアは速乾性のものがオススメだが、何でも良い。
3.膝に違和感があったらウォーキングなどで様子を見る。

特に1だけは絶対に守って、ジョギングシューズに1万円程度の出費があることは覚悟してください。スニーカーでアスファルトをジョギングするのは危険です。スポーツショップに行って、ナイキやアディダス、ミズノ、アシックスあたりの、初心者用ジョギングシューズを実際に履き、店員さんからアドバイスを受けてください。初心者にオススメなのは、ミズノの「ウェーブライダー」シリーズ、アシックスの「GT-21xxNY」シリーズ、それにアディダスの「アディゼロ テンポ」あたりです。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-