ニットキャップのかぶり方

お洒落なニットキャップも、かぶり方を間違うと台無しですね。ここではカッコイイと思われるニトッキャップのかぶり方と、人気のブランドニットキャップの情報や、最近よく聞く「ビーニー」についてなどを掲載しています。

ニットキャップのかぶり方「浅くかぶる」

ニットキャップのかぶり方ですが、まず、「耳を出して、ちょこんと頭に載せて、浅くかぶる」かぶり方があります。これはもっとも基本的なかぶり方で、お年寄りや子供に多いですね。頭の上の余った部分が、ブカブカしているからなのか、少し顔が大きく見えるようです。子供の場合、深くかぶらないのは、ニットキャップが頭を締め付ける感じが気になる為なのかもしれません。ニットキャップのかぶり方として、あまりファッショナブルでは無いようにも思えますが、あえてこのニットキャップのかぶり方をして、「はずしのアイテム」としている場合もあります。特に容姿に自身のある方がこのかぶり方をすると、逆にカッコイイですね。

ニットキャップのかぶり方「深くかぶる」

ニットキャップのかぶり方としてメジャーなもうひとつは、「耳まですっぽりと、深くかぶる」かぶり方でです。ファッションアイテムとしてニット帽をかぶっている方は、このかぶり方を捨ている方が多いですね。こちらはどんな格好であっても、おしゃれな雰囲気がします。もうちょっと具体的に言うと、ニットキャップは深めにかぶり、耳も隠します。前は目のすぐ上までかぶり、後ろは襟足まで深くかぶります。このスタイルをよりカッコよく見せるために、ニットキャップは深めのものを選ぶとよいでしょう。このように深くかぶったときに、てっぺんの方に少し頭の入っていない部分があり、ルーズに遊ばせるぐらいのニットキャップです。

ニットキャップのかぶり方、いろんな種類のニットキャップの場合。

また、ツバ付きのニットキャップの場合などは、ツバを真正面に持ってこずに、わざと中心からずらしたり、さらにニットキャップを斜めにかぶることで、ツバに動きを出すようにかぶるのもお洒落ですね。また、最近ではベレー帽タイプのニットキャップもあります。こちらは耳が半分隠れる程度の深さでかぶるとか、普通のベレー帽のように少し斜めにして、ニットキャップに動きを出すかぶり方がお洒落ですね。このタイプのニットキャップは浅いので、耳まですっぽりかぶせるのは無難に止めたほうがよいでしょう。

街中ではなく、ゲレンデでのニットキャップのかぶり方

また、街中でファッションとしてかぶるのではなく、スキーやスノボでゲレンデに行った際は、きちんと耳が隠れるようにかぶった方が良いでしょう。スキーやスノボー用品としてのニットキャップは、単なるお洒落なファションアイテムではなく、防寒装備として役立ちます。また、にゴーグルと組み合わせると、さらにファッショナブルに見えるのと同時に、ゲレンデで転んでしまった際、ニットキャップが脱げてしまうのを防止する効果もあります。ゲレンデではニトッキャップとゴーグルを組み合わせるのをおすすめします。

ビーニーって何?ニットキャップとどう違うの?

ニットキャップとビーニーここ最近、ニットキャップのことを「ニットキャップ」と呼ばず、「ビーニー」と呼ぶ方が増えてきました。ビーニーとは、丸型で縁のないニット帽のことで、ビーニーハット(beanie hat)や、ビーニーキャップ(beanie cap)とも呼ばれています。ビーニーの多くは画像のように大変シンプルなニット帽で、ニットキャップよりも落ち着いた、よりアーティスティックな雰囲気を出したいときに有効です。テレビを見ていると、比較的年齢の高い男性芸能人がかぶっている姿をよくみかけます。ただ、ニットキャップと明確に区別せず、ニットキャップの別名としてビーニーと呼ばれる事が多いので、実際は「ニットキャップ=ビニー」として捕らえておけば十分でしょう。

 

ブランドで選ぶニットキャップ・夏用のニットキャップ

防寒用ではなく、街中でカブルニットキャップでしたら、ブランドと見た目で選ぶことになるでしょう。人気のブランドはアディダス、アルマーニ、ギルフィー、ナイキ、クロムハーツ、ノースフェイス、モンクレールあたりでしょうか。アディダスやナイキ、アルマーニにギルフィーあたりでしたら、品質的にも問題ありませんので、あとはデザインのみでの選択になるでしょう。また、最近では夏用のサマーニットキャップも大変充実してきました。頭が蒸れないように、通気性について考慮され、リブ編みのニット調のニットキャップなど、できるだけ涼しくすごせるように工夫がされています。暑い季節は夏用のサマーニットキャップで出かけましょう。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-