プチトマトの育て方・栽培方法

家庭菜園やガーデニングの庭がなくても、プチトマトなら育てられます。場所が無くても育てられるレジナの紹介や、育て方や栽培方法の紹介。ほかに水や肥料から害虫駆除と病気の事まで。ただしい作り方で、たくさんのプチトマトを、あなたのプランターからゲットしましょう。

プチトマトの育て方や栽培方法について

ご存知のとおり、人気のプチトマトは、ミニトマトとも呼ばれる小さいトマトで、甘くて美味しいですね。そのまま食べても美味しいですし、サラダにするのはもちろん、スープにのしても美味しいですし、カレーに隠し味で入れてみたり、乾燥させてドライトマトにしてみたりと、応用範囲が広くてとても美味しい人気の野菜ですね。でも、これをガーデニング、家庭菜園で作れたら素敵じゃないですか?実はこのプチトマト、嬉しいことに収穫量もなかなかもものなのです。一般的な65型のプランターであれば2株は間違いなくいけますし、3株もいけるでしょう。うまく育てればその1株ごとに30個以上、合計したらひとつのプランターか100個近くも可能かも。
ここでは人気のプチトマトの育て方や、ガーデニング用の庭がなくても育てられる品種・種類、肥料や水やりなど、解説していきたいと思います。

プチトマトのプランターについて。収穫量は多いですが、初めはレジナ2株で。

前項のように、家庭菜園・ガーデニングするにおいて、プチトマト(ミニトマト)はたくさん収穫できるのも魅力です。ただ、ひとつのプランターに3株を植えて密集させると、虫の発生心配されますので、よくばらずに2株の方が無難です。アブラムシや葉虫が発生するのですが、これらは実につくわけではありませんので、洗ってしまえば何も問題ありません。プチトマトは、害虫についてはお手入れが楽な方です。プチトマトにも色々と種類があるのですが、レジナという種類がお勧めです。このレジナというプチトマトは、上に伸びずに場所をとることもなく、こじんまりとして育ち、鑑賞用にもなる種類でありなが、収穫量も特に少ないということもありません。レジナのイエローなんていうのありますから、レッドとイエローの両方育てるのも面白いかも。室内の出窓のあたりとか、スペースが無くても育てることができますので、ガーデニングするような庭が無くても栽培可能なのが魅力です。

プチトマトの種まき、気温について。

プチトマト栽培方法や育て方において、まず最初は種まきから始まります。の種まきですが、気温が15度から20度ちょっとぐらいの時期に豆まきをして、土をかぶせるのが良いでしょう。プチトマトの発芽率は大変高いですから、暖かくて気温に問題が無ければ、おろらくほとんど芽をだすと思います。気温が低い時場合でも、暖かい室内で豆まき発芽させ、暖かくなったら外で栽培するという方法もあります。ただ、あまり気温があがらないうちに外に出してしまうと、プチトマトの実がなるまでに株がよわってしまう場合がありますので、外に出すタイミングを間違えないように注意してください。土の栄養状態によっても差があると思いますが、いずれにしても十分暖かくなってから種まきするのが1番です。
プランターには3株植えると、虫の心配が高まったり、栄養がまわらずに弱弱しく育ってしまうかもしれませんので、やはり最初は2株から育てるのがよいでしょう。その際は株と株の間を20cm以上空けるようにしてください。

プチトマトのわき芽とり・芽欠き

プチトマトの育て方や栽培方法では、わき芽をすべて芽欠きするのが基本です。ただし、プチトマトのお勧め品種であるレジナであれば、背が高くなることもなく、横に広がることで、実の数が増えていくものですので、芽欠きする必要はありません。レジナ以外の種類であれば、芽欠きする必要があるのですが、水やりなっどするときに、ふと脇芽に気がついたら取ってあげる、という程度でかまいません。きっちり芽欠きした方が収穫量はあがりますが、神経質にやったわりに、それほど収穫量にさがでるわけではありません。あまり完璧にしようとせず、とりあえず大きな葉の根元から、小さな芽が生えてきたようならとって下さい。その際、横に倒すようにすると簡単にとれます。また、このちぎった脇芽を温かい土に挿してやれば。これも成長していきますますので、種や苗を植えなくても、これで増やすことも可能です。

肥料や水やり、おすすめのはやはりレジナ。

まず、プチトマトを栽培し始めるにあたり、初心者なら、市販の培養土(肥料入り)を使いましょう。お勧めのプチトマトの種類はレジナですので、それを植えましょう。その後、ツボミが出始めた頃に追肥を与えます。それからは2週間から1ヶ月ごと、定期的に肥料を与えてください。 芽や幼苗の頃に、窒素系肥料を与えすぎると、葉がやたらと繁り、実が付きにくくなり収穫が減りますので注意しましょう。
水やりについては、乾燥したらやるというのが基本です。 プタンラーの土は、どちらかというと乾燥気味の状態で育てたほうが良いでしょう。

プチトマトの育て方や栽培方法のその他注意点

レジナではなく、背の高くなるプチトマトを栽培するのであれば、上に伸びて折れてしまいますので、支柱を買ってきて折れないようにするのが正しい育て方です。また、肥料をやりすぎるとhが丸まって元気がなくなりますので注意しましょう。それと、プチトマトは連作障害が激しいので、同じプランターで、2年続けて栽培するのは避けたほうが無難です。同じプランターを使うなら、違う野菜やお花を育てたほうが良いでしょう。

プチトマトの花言葉

プチトマトにも花言葉があるんですよ。プチトマトの花言葉は「完成した美」や「感謝」です。

楽天ウェブサービスセンター

CopyRight 2008気になる情報発信館All right reserved.
-日常に役に立つお得情報勢ぞろい-